男性脱毛に関する質問へ大阪梅田PSメンズクリニックが回答

  • アクセス
  • ご予約・お問い合わせ

受付時間:10:00~20:00(完全予約制)

Tel. 06-6450-8432

06-6450-8432

脱毛 よくある質問

脱毛について

  • Q 医療脱毛とエステ脱毛の違いとは?

    医療脱毛は医療機関のみで使用できる「レーザー脱毛機」を使用します。そのため、エステ脱毛に比べ短い期間で脱毛の効果を実感して頂くことが可能です。また、医療脱毛は医師の管理のもとに脱毛の施術を行うため、万が一のトラブルの際にも迅速な対応をすることができます。

    医師の常駐だけでなく、使用する機器・施術もレベルが異なりますので、エステサロンより質の高い施術を受けることができます。クリニックとエステサロンで脱毛の効果を比べた場合「医療脱毛:永久脱毛※」「エステサロン:一時的な減毛」と医療機関であるクリニックとエステサロンで大きな差があります。

    ※「米国電気脱毛協会」による永久脱毛の定義では最終脱毛から1ヶ月後の時点で再生率が20%以下の場合とされています。

  • Q 脱毛エステと脱毛クリニックを見分けるには?

    医師がいるか、いないかで見分けていただけます。

    WEBサイトに「ドクターの紹介」というコンテンツがあれば、一般的に医療機関といえます。
    レーザー脱毛機を使用した医療脱毛を行えるのは医療機関だけです。稀にエステサロンが「医師監修」という言葉を使用している場合がございますが、医師が常駐していないのであれば医療機関ではありません。

  • Q 脱毛の施術は健康保険が使えますか?

    保険適用外です。

    残念ながら、健康保険が適用されるのは、国によって定められた疾患と治療法に限ります。
    ムダ毛の脱毛は保険適用の疾患ではありませんので、ご了承ください。

  • Q 脱毛の施術前や施術中に気を付けることはありますか?

    「日焼け」・「毛抜き」はお控えください。

    脱毛機のレーザー光は黒色のメラニン色素に反応する為、真っ黒に日焼けした肌はレーザー照射が難しくなります。
    脱毛の施術前、施術中は日焼けにご注意ください。
    また、日焼けによる肌のに赤み、皮がむけている状態もレーザーは照射出来ません。日焼けしている場合は肌状態が落ち着き、適切にレーザー照射が出来る様になるまで施術はお休みしてください。

    レーザー脱毛は、レーザー光が「毛根の黒色」に反応して毛母細胞を壊すことで脱毛を行います。
    「毛抜き」により毛を抜いてしまった場合、レーザー照射時に毛根まで熱を伝える導線がなくなってしまい、照射の意味が無くなってしまいます。
    もし毛抜きしてしまった場合は1ヶ月ほど期間を空けて、毛が生えてから照射を行います。

  • Q 医療レーザー脱毛で、やけどすることがあるらしいですが本当ですか?

    やけどのリスクはゼロではありません。

    レーザー照射後は必ず皮膚に炎症反応が起きます。
    個人差はございますが、肌が弱い方は数日ヒリヒリとした感じ残ることがございます。
    もちろんレーザー照射後には炎症を和らげる軟膏を塗布します。
    痛みが気になる場合は医師がしっかりと対応させて頂きますのでご相談ください。

  • Q 医療脱毛のリスクを教えて下さい。

    医療レーザー脱毛の施術には、施術直後の赤みやむくみ、ヒリヒリ感、やけど、毛穴が炎症を起こす「毛嚢炎」、
    レーザー照射によって逆に毛が増える「増毛」、硬い毛が生えてくる「硬毛化」などのリスクがあります。
    照射が難しい凹凸のある脱毛部位によっては、打ち漏れなどの可能性もございます。

    部位によってはリスクや副作用の起こる確率も変わってきます。
    万が一、副作用や肌のトラブルなどが起きた場合は、医師が責任をもって対応させて頂きますのでご安心下さい。

    もちろん施術前にしっかりと、ご説明させて頂きますが、不安・疑問がございましたらお気軽にご相談ください。

  • Q レーザー脱毛できない場所はありますか?

    髪の毛、眼球、鼻、眉毛はレーザー照射は不可となっております。
    その部分以外は基本的には脱毛が可能です。

    ヘアスタイルで「額をもう少し広くしたい」「うなじの形を変えたい」などのご希望が稀にございます。
    髪の毛へのレーザ照射は反応が強く出過ぎてしまい、炎症が強く出たりや色素沈着が起きてしまう場合がありますので、当クリニックでは照射は控えさせていただいております。
    額やうなじのラインの修正はボリュームや患者様の毛質などにより、ご要望にお応え出来る場合もございますので、医師がしっかりと診察してお応えさせて頂きます。

    眼球は、レーザーが眼球の黒色に反応し、失明のリスクがございますので、照射は不可能となります。
    眉毛への照射も、眼球に近い箇所(眉毛の下、まぶた、目尻付近)はリスクが伴いますので不可能となります。
    眉毛より上、眉間への照射はご相談ください。

    鼻は凹凸箇所にレーザーのヘッドが密着できずヘッドが浮き、やけどを起こしてしまうリスクがございます。
    ホクロや色素沈着部位、大きな傷跡など、レーザー照射が不適切と医師が判断しましたら、お断りさせて頂きます。

  • Q 持病があります。脱毛しても大丈夫ですか?

    ご病気の種類により、誠に申し訳ございませんが施術が出来ない場合がございます。

    下記に記載の症状がみられる患者様は、施術によりお体に負担がかかる可能性があり、施術をお断りさせて頂いております。ご了承ください。

    • ・レーザー照射の希望部位に皮膚悪性腫瘍が認められる方
    • ・光過敏症(光アレルギー)の方
    • ・呼吸不全の方
    • ・抗凝固薬、抗血小板を服用中の方
    • ・ペースメーカーを使用されている方
    • ・心疾患、血液疾患の病気の方
    • ・てんかんの方
    • ・感染症にかかっておられる方

    ※下記の薬を服用されている方は、副作用として光過敏症になるリスクがございますので、必ずカウンセリング時にご相談ください。

    (ステロイド剤・抗生物質・抗精神病薬、抗うつ剤・抗ヒスタミン剤・解熱鎮痛剤・抗菌剤・抗がん剤・利尿剤・血糖降下薬)

    ※ケロイド体質については医師が診断しますので、ご相談ください。

ヒゲ脱毛について

  • Q 青ヒゲは、脱毛すればなくなりますか?

    はい、青ヒゲは脱毛する事でなくなります。

    青ヒゲは、皮膚の下に埋もれている毛の色が透けて見えるためです。
    レーザー脱毛により、毛包に存在する毛を再生させる細胞(幹細胞)を破壊することで青ヒゲは解消されます。
    また、脱毛により、今まで頻度の高かった髭剃りが少なくなりますので、肌へのダメージが減り肌質が改善されます。

  • Q ヒゲ脱毛にかかる時間はどれくらいでしょうか?

    数か月程度で終了する方もいらっしゃいます。

    毛質、毛の太さ、濃さ、肌の色など個人差がありますが、当院では出来る限り早く満足いただける様に努力させて頂きます。
    初回~3回目、3~6か月で脱毛の効果を十分体感していただけます。

  • Q ヒゲがびっしりと生えている部位は脱毛しにくいですか?

    ヒゲの密度が濃い部位は、段階を踏んでの脱毛となりますので、
    密度が薄い部位に比べて脱毛効果が出るまでに少し時間がかかります。

    脱毛機のレーザー光は黒色のメラニン色素に反応する為、ヒゲの密度が濃い部位ではいきなりレーザー照射のレベルを上げてしまうと、毛根を焼く時に肌全体にやけどを起こしてしまうリスクがあります。
    ですので、ヒゲの密度が濃い部位にはレーザーの照射レベルを下げ、徐々に脱毛していく流れとなります。

お電話でのお問い合わせはこちらから

06-6450-8432

06-6450-8432

受付時間:10:00~20:00(完全予約制)

  • 料金表
  • ご予約・お問い合わせ

ACCESS

大阪梅田PSメンズクリニック

所在地〒530-0002
大阪府大阪市北区曽根崎新地2-1-21
桜橋深川ビル8階
TEL06-6450-8432
FAX06-6450-8438
診療時間10:00~20:00(完全予約制)
受付時間10:00~20:00(完全予約制)
最寄り駅東西線地下鉄「北新地駅」徒歩2分
地下鉄四つ橋線「西梅田駅」徒歩2分
JR「大阪駅」徒歩10分
阪神電車「梅田駅」徒歩10分
地下鉄御堂筋線 「梅田駅」徒歩10分
阪急「梅田駅」徒歩15分

PAGE TOPPAGE TOP