ブログ
BLOG

内服薬によるAGA(男性型脱毛症)の治療

こんにちは、大阪梅田プライベートスキンクリニック for MENです。
本日はAGA(男性型脱毛症)治療に用いる薬のご紹介です!

大阪梅田プライベートスキンクリニック for MENのAGA(男性型脱毛症)治療

大阪PSメンズのAGA治療

大阪梅田プライベートスキンクリニック for MENではAGA治療に内服薬を用います。
300以上の処方パターンの中から患者様一人一人の状態に合わせた薬、投与量を処方します。
初めてご来院いただいた患者様の状態をカウンセラーお伺いし、その後医師が頭皮の状態を診察します。
また、安全にお薬を飲んでいただくために大阪梅田プライベートスキンクリニック for MENでは血液検査も行っております。
(※血液検査は別途¥5,000)
大阪梅田プライベートスキンクリニック for MENでは患者様に前向きにAGA治療に臨んでいただけるよう、心配事は何でもお話いただきたいと思っています!
ご不明点やご不安な点などは遠慮なくカウンセラーや医師にご相談ください^^

AGA治療薬の種類

大阪梅田プライベートスキンクリニック for MENでは以下の種類のAGA内服薬を取り扱っています。(2018.7現在)

・内服ミノキシジル(ミノキシジル)
・プロペシア28錠
・プロペシア90錠
・フィナステリド28錠
・フィナステリド140錠
・ザガーロ30錠
・アボルブ30錠

また、オーダーメイド総合発毛治療薬も行っておりますのでお気軽にお問い合わせください!

各種AGA治療費についてはこちら

内服ミノキシジル(ミノキシジル)

AGA治療薬の中で発毛効果を期待できると言われているミノキシジル。
ミノキシジルには外用薬と内服薬がありますが、大阪梅田プライベートスキンクリニック for MENで処方を行っているのは内服薬のミノキシジルです。
内服薬のミノキシジルには血管拡張効果と発毛効果が認められています。

外用薬と内服薬それぞれの作用や副作用を知って、自分に合った薬を選んでいただくのがベストです。
内服薬は体内で吸収された成分が血流によって全身に作用します。
副作用としては動機や頭痛やめまい、多毛症や不整脈などがあげられます。
また、内服薬は循環器系に影響を及ぼすリスクがあるため、必ず医師の診断のもと購入・服用を行ってください。
外用薬は塗布した頭皮から浸透して作用していきます。
副作用としては塗布した頭皮の発疹や赤み、かぶれや痒みといった症状があげられます。
薬局などで手軽に購入することは出来ますが、薬剤師の指導を受けていただくとより安心してご使用いただけると思います^^

プロペシア

プロペシアはAGAの進行を抑えるための内服薬です。
プロペシアは副作用として性欲減退、ED(勃起機能不全)などが報告されていますが、副作用の頻度は1%未満と安全な薬にあたります。
また、併用禁忌の薬もなく風邪薬などの飲み合わせも基本問題ありません。
その他の副作用として、プロペシアは肝臓で代謝されるため、ごく稀に肝機能障害も報告されていますので、定期的に採血などのフォローをおすすめしております。

フィナステリド

フィナステリドはプロペシアのジェネリックとして各製薬会社から発売されています。
成分はプロペシアと同じになります。
大阪梅田プライベートスキンクリニック for MENでは東和薬品のフィナステリド錠を取り扱っています。

ザガーロ

ザガーロもAGAの進行を抑えるための内服薬です。
2016年に販売が開始されたばかりの薬で、徐々に注目を集めています。
ザガーロはプロペシアよりもAGA治療に高い効果があると臨床試験で証明されており、プロペシアで改善が見られなかった方にはお試しいただきたい薬です。

副作用はプロペシアやフィナステリドと同じく、性欲減退、ED(勃起機能不全)などの症状が報告されています。
効果が強いということは、それだけ薬の取り扱いや服用にも注意が必要ということです。
特にザガーロは、重篤な肝障害がある方は服用できません。
そのため、必ず医師の診察を受けていただくようお願いします。

アボルブ

アボルブは、正確には前立腺肥大症の治療薬です。
ザガーロと同じ有効成分(デュタステリド)を持ち、効果もほぼ同じです。
ザガーロとアボルブの違いですが、ザガーロはAGA治療薬として厚生労働省に認可されていますが、アボルブはAGA治療薬としては認可されていないという点です。
(アボルブは前立腺肥大症の治療薬として認可をされています)
こう聞くとAGA治療薬として服用することを躊躇われるかもしれませんが、プロペシアも元々は前立腺肥大症の治療薬として開発されました。
ザガーロを希望されるかアボルブを希望されるかは、医師にご相談ください^^

AGA治療薬の注意点

AGA治療薬の注意点

AGA治療薬を服用するのに一番適しているのは20歳以上の成人男性です。
未成年者や女性の服用はできませんのでご注意ください。
特に女性には効果が認められていないばかりか、妊婦や授乳中の場合、男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがあります。
AGA治療薬は薬剤自体にコーティングがされているため、通常の扱いであれば有効成分に接触することはありません。
各メーカーから注意喚起されているように、分割・粉砕は絶対にしないでください。
有効成分の経皮吸収の危険性もあることから、女性や小児は薬に触れないように厳重注意してください。

AGA治療薬について

AGA治療薬について

また、薬でAGA治療を始めた際、共通で「初期脱毛」と呼ばれる髪の毛が抜ける症状が起こります。
これはAGA治療薬の効果が効き始めた証拠で、悲観する必要はありません。
初期脱毛は薄毛状態の髪の毛が抜け、新しい健康で丈夫な髪の毛が生えてくるための準備です。
髪の毛が抜けたことで不安になり、薬の服用をやめてしまわないようにしてください。
継続することでこの初期脱毛はなくなり本来の抜け毛効果を発揮しますので、中断せずにご使用ください!
万一改善が見られない際は大阪梅田プライベートスキンクリニック for MENまでご相談くださいね^^

AGA治療薬はある程度の期間継続して飲み続ける必要があります。
個人差はありますが、通常6ヶ月ほど効果が出るまでかかります。
効果を期待できるまで、焦らずじっくりと経過観察してください!

AGAの原因には男性ホルモンが大きく影響していると言われています。
この男性ホルモンの中でも特にDHT(ジヒドロテストステロン)と言う悪玉男性ホルモンが毛髪の元となる細胞(毛母細胞)を破壊し、DHTが毛母細胞に攻撃することで本来成長する毛球が太く成長する前に、退縮して抜けてしまいます。
そのため成長できない細く短い髪の毛が増えてしまい、薄毛になってしまうのです。
AGAの原因は他にもストレスや遺伝、生活習慣などもあげられるので、不規則な食事や生活を繰り返している方はそれらの見直しも大切です。

日本では国内の成人男性3人に1人が悩まされていると言われているAGA。
AGAの悩みを抱えてる方は多いのが現状です。
育毛剤やカツラなどの方法で自分一人で対策しようとせず、専門クリニックで受診していただくこともご検討ください^^
また、AGAは進行性のため、早めの受診をおすすめします!
ストレスを抱えてしまう前に、お気軽に大阪梅田プライベートスキンクリニック for MENにご相談ください。
まずは無料のカウンセリングだけでも、ご予約お待ちしております。

AGAの詳細はこちら

大阪梅田プライベートスキンクリニック for MEN

大阪のメンズクリニック|大阪梅田プライベートスキンクリニック for MEN
所在地 〒530-0002 大阪府大阪市北区曾根崎新地2丁目1−21 桜橋深川ビル5階
TEL 06-6450-8432
FAX 06-6450-8438
受付時間 10:30〜19:30 日曜日 10:00〜18:00(完全予約制)
  • お電話でのお問い合わせ

    06-6450-8432
    《受付時間》月〜土
    10:30〜19:30 / 日曜日 10:00〜18:00

  • WEBでのお問い合わせ

    ご予約・お問い合わせ
    専用フォームはこちら
    《24時間受付》