AGA(男性型脱毛症)

img_alt

AGAとは

AGAとは、Andro Genetic Alopeciaの略語で「男性型脱毛症」のことです。
成人男性、一般的に30~50代の男性に多くみられ、遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と言われます。早い人は10代から薄毛がはじまる人もいます。
AGAの進行パターンには生え際(M字部分)からの後退や、頭頂部が薄くなるなど様々です。

現在、日本ではAGAの悩みを持つ男性は1200万人いるといわれており、さらにその数は増加しています。

AGAは医療機関の正しい治療で治ります。
おひとりで薄毛に悩まず大阪梅田プライベートスキンクリニック for MENに是非ご相談ください。

AGA(男性型脱毛症)の原因は?

主な原因は男性ホルモンの変化による毛髪サイクルの乱れ

男性型脱毛症(AGA)は、遺伝や環境に原因があると言われていますが、実際のところはまだ研究段階で不明な点が数多くあります。
その中、抜け毛の原因のひとつとして判明しているのが、男性ホルモン、特に「DHT(ジヒドロテストステロン)」です。
髪を増やす男性ホルモンの成分である「テストステロン」が、「5αリダクターゼ」という酵素が結びついて、DHT(ジヒドロテストステロン)という“悪玉男性ホルモン”に変換されます。
DHTが毛母細胞に攻撃することで、本来成長する毛球が太く成長する前に、退縮し抜けてしまいます。本来の役割とは逆に抜け毛が増えてしまうことから「脱毛ホルモン」という別名を持っています。

その結果、ヘアサイクルが乱れることで、しっかりと毛は成長できず抜けてしまい、細く短い毛が増え、全体が薄毛(AGA)となります。

AGAの進行の仕組みと治療

AGAは血中のDHTの濃度が高ければ高いほど進行していくため、AGA治療ではDHTを増やす酵素(5αリダクターゼ)を抑制することで、DHTの発生を抑えます。
DHTの発生が抑えられることで、毛髪サイクルの乱れを正常に戻し、しっかりとした太い毛を成長させ、AGA(薄毛)の進行を止めます。

遺伝の影響について

薄毛や脱毛の原因に遺伝の影響が結びついていると考える研究者も数多く、親から受け継いだ遺伝子の関与がAGAになると思われています。つまり家系に薄毛の人がいると、遺伝で薄毛になりやすい体質も受け継ぐということです。

その他のAGA(男性型脱毛症) の原因

タバコ

タバコ
髪の成長には毛細血管から運ばれる栄養分が重要です。タバコを吸うことにより血管を収縮させ、頭皮の血行を悪くします。これが続くと毛細血管が硬くなってしまい、血流も悪くなってしまい薄毛の進行につながります。

アルコール

アルコール
適量のアルコール摂取は血流を良くしますが、ある程度を超えると血液の循環が悪くなり、薄毛の原因に繋がると言われております。飲酒により生活が不規則になり、入浴せずに寝てしまい頭皮が不潔に…そのような場合も薄毛の進行につながります。

睡眠不足・ストレス

ストレス
毛髪は日中に受けたダメージを睡眠中に修復し生まれ変わります。深夜22~26時頃は髪がもっとも成長する時間帯。睡眠時間が少ないとダメージをきちんと修復できません。

AGA(男性型脱毛症)は進行する?

AGA(男性型脱毛症)は進行性です

AGA(男性型脱毛症)は進行性です。放置していると薄毛は進行します。
「最近髪のコシがなくなった」「抜け毛が増えた」「以前より地肌が見える」と感じ、
「AGAかもしれない…」と少しでも気になりだした方はお一人で悩まず、まずは病院での診断から始めてください。AGAは進行してしまうと治療にも時間がかかります。
AGAは治療が可能です。
おひとりで薄毛に悩み、ストレスをためる前にお気軽にご相談ください。

AGA治療の流れ

①カウンセリング

患者様のご状態を専門のカウンセラーがお伺いします。費用等のご説明も行い、最後に頭皮のお写真を撮ります。

②医師の診療

医師が頭皮の状態を診察致します。生活環境や遺伝的素因などもお伺いし、診断の上で治療方針を決定します。

③血液検査・血圧測定

現在の健康状態をチェックします。安全にお薬を飲んで頂くために血液検査(別途5,000円)を行います。健康診断による血液検査の結果をお持ちの方はご持参いただければ(半年以内)、当院での検査は必要がない場合がございます。

④お薬の処方

健康状態を医師が確認し、問題がないと判断した場合、当日お薬を処方します。もちろん、カウンセリングのみ受けて、いったん持ち帰ってご検討いただくことも可能です。

薄毛(AGA)治療についてよくあるご質問

薄毛に悩んでいます。すぐに生えますか?

個人差はありますが、多くの方に6か月以内の発毛効果を感じていただいています。

薄毛の原因には遺伝の影響はありますか?

脱毛リスクの一つとして考えられています。母方と父方の組み合わせは明確には判明していませんが、8割は母方の遺伝子が原因であろうと考えられております。

喫煙が薄毛の原因になることはありますか?

あります。ニコチンが毛細血管を収縮させるため、ハゲや脱毛・薄毛の原因になります。

お酒が薄毛の原因になることはありますか?

適度の飲酒は毛髪が抜ける原因にはなりません。ただし飲み過ぎは良く無いと言われています。またお酒自体は直接悪くなくても、お酒を飲む事で風呂に入らず寝てしまったり、2日酔いで体調を崩したり、間接的に薄毛進行に悪影響を与える事はもちろんあります。

白髪の人はハゲない?

白髪であれば男性ホルモンの影響をうけないという理由はありませんし、同じようにハゲやAGA(男性型脱毛症)・薄毛になるリスクはあります。高齢になっても、薄毛にならずフサフサした髪の男性の多くは白髪になりますから、数的に目立っているだけでしょう。

薄毛(AGA)治療の費用

薄毛(AGA)治療
フィナステリド28錠
4,000円
フィナステリド140錠
18,000円
プロペシア28錠
7,500円
プロペシア90錠
23,000円
アボルブ30錠
7,800円
ザガーロ30錠
8,500円
オーダーメイド総合発毛治療薬1ヵ月分
26,000円

この施術ページの監修医師

形成外科部長 加藤健太郎(かとう けんたろう)

形成外科部長 加藤健太郎

鼻の整形3,000件以上、二重形成5,000件以上、注入治療5,000件以上の確かな施術実績

略歴

平成13年近畿大学医学部:卒業
平成13年大阪医科大学医学部付属病院形成外科入局麻酔科を経て
平成14年神鋼病院形成外科勤務
平成15年大手美容外科勤務
平成17年大阪AGA加藤クリニック開業
現在に至る。
平成23年大阪AGA加藤クリニック開業
現在に至る。

所属

  • 日本形成外科学会 正会員
  • 日本再生医療学会 正会員
  • 日本抗加齢医学会 正会員
  • 国際抗老化再生医療学会 正会員
  • お電話でのお問い合わせ

    06-6450-8432
    《受付時間》月〜土
    10:30〜19:30 / 日曜日 10:00〜18:00

  • WEBでのお問い合わせ

    ご予約・お問い合わせ
    専用フォームはこちら
    《24時間受付》